Google Login(My Account login) YouTubeで動画をチェック!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

読者35万人の無料メルマガで
ビジネスノウハウと成功法則を
学びませんか

川島和正のメルマガ

ECショップデビュー

北海道グルメ大使HP




売上ランキング(30日間) 1〜10位



ビジネスのそのあと

0

    起業し、ビジネスを開始するということは

    それだけでも決して容易いものではありません。

     

     

    それでも、起業し、一旗揚げたいと思う思いのはなぜでしょうか?

     

     

    ビジネスと言うものにはおおよそ全てにおいて

    そこには、理念や社会的な使命というものがあってしかるべきでしょう。

     

     

    そのもっとも身近で親密に存在する使命。

     

     

    それはなんでしょうか?

     

     

    それは、誰が何と言おうと・・・

     

     

     

    家族 です。

     

     

     

    家族 ?

     

     

     

    そうです。

     

     

     

    そもそも人は何のために働くのでしょうか?

     

     

    お金が欲しいからですか?

     

     

    答えは、イエスでもありノーでもあります。

     

     

     

    もっとも、

     

    ただお金が欲しいために人はビジネスをしません。

     

     

    当然、お金がすべてでもありません。

     

     

     

    ですが、現実の問題は家族のために

     

    その必要なものを備えるためにはどうしても

     

    お金が必要です。

     

     

    日々の家族の暮らしを営み続けて行くためには

    どうしてもお金が必要ですね。

     

     

     

    そのためにある人たちはは勤め口を探したり

    就職口を探します。

     

     

     

    別のかたは同じ目的で、自らで仕事を立ち上げ

    その立ち上げたビジネスでえたお金を家族のために

    使います。

     

     

     

    場合によっては、家族がそれぞれに務めていたり

    家業としてのビジネスに関わったりもします。

     

     

    ビジネスをする、あるいは存在する第一の意義は

    家族のためということが大前提にあります。

     

     

     

    これが壊れるとき家族は崩壊します。

     

     

     

    ビジネスはというと存在こそ保たれたとしても

    目的や方向がずれて行き本来の使命とは大きくそれて

    あるべきビジネスとしての輝きも使命感も

    損なわれて行くのは時間の問題です。

     

     

    なので、家族のためにという大前提が壊れるとき

    ビジネスの本質も危ういと言わなければなりません。

     

     

    ビジネスを始めると順調なときもそうでないときも

    当然あります。

     

     

    ですが、順調なときをどう生かして行くかによって

    その後のビジネスの行方も大きく違ってきます。

     

     

     

    というか、言い換えれば大きく脇位置にそれることがないか

    それとも取り返しがつかないほどにそれて行くかを

    左右するものとなります。

     

     

    ビジネスの使命、それはビジネスが継続している間も

    常に存在し続きます。

     

     

    使命は必ずしも終わりのないものではなく

    達成できるものではありますが、使命そのものは

    自分と切り離されてもされに続いて行かなければなりません。

     

     

     

    それは恐らく現在の世界の続く限りは次の誰かが

    その使命と目的のために受け継ぎ続いて行きます。

     

     

    では、ビジネスのその後として何に目を向け

    どう行動することを間座して行けば良いのでしょうか?

     

     

    明日はその事についても考えてみましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    ビジネスのそのあと

    0

      起業し、ビジネスを開始するということは

      それだけでも決して容易いものではありません。

       

       

      それでも、起業し、一旗揚げたいと思う思いのはなぜでしょうか?

       

       

      ビジネスと言うものにはおおよそ全てにおいて

      そこには、理念や社会的な使命というものがあってしかるべきでしょう。

       

       

      そのもっとも身近で親密に存在する使命。

       

       

      それはなんでしょうか?

       

       

      それは、誰が何と言おうと・・・

       

       

       

      家族 です。

       

       

       

      家族 ?

       

       

       

      そうです。

       

       

       

      そもそも人は何のために働くのでしょうか?

       

       

      お金が欲しいからですか?

       

       

      答えは、イエスでもありノーでもあります。

       

       

       

      もっとも、

       

      ただお金が欲しいために人はビジネスをしません。

       

       

      当然、お金がすべてでもありません。

       

       

       

      ですが、現実の問題は家族のために

       

      その必要なものを備えるためにはどうしても

       

      お金が必要です。

       

       

      日々の家族の暮らしを営み続けて行くためには

      どうしてもお金が必要ですね。

       

       

       

      そのためにある人たちはは勤め口を探したり

      就職口を探します。

       

       

       

      別のかたは同じ目的で、自らで仕事を立ち上げ

      その立ち上げたビジネスでえたお金を家族のために

      使います。

       

       

       

      場合によっては、家族がそれぞれに務めていたり

      家業としてのビジネスに関わったりもします。

       

       

      ビジネスをする、あるいは存在する第一の意義は

      家族のためということが大前提にあります。

       

       

       

      これが壊れるとき家族は崩壊します。

       

       

       

      ビジネスはというと存在こそ保たれたとしても

      目的や方向がずれて行き本来の使命とは大きくそれて

      あるべきビジネスとしての輝きも使命感も

      損なわれて行くのは時間の問題です。

       

       

      なので、家族のためにという大前提が壊れるとき

      ビジネスの本質も危ういと言わなければなりません。

       

       

      ビジネスを始めると順調なときもそうでないときも

      当然あります。

       

       

      ですが、順調なときをどう生かして行くかによって

      その後のビジネスの行方も大きく違ってきます。

       

       

       

      というか、言い換えれば大きく脇位置にそれることがないか

      それとも取り返しがつかないほどにそれて行くかを

      左右するものとなります。

       

       

      ビジネスの使命、それはビジネスが継続している間も

      常に存在し続きます。

       

       

      使命は必ずしも終わりのないものではなく

      達成できるものではありますが、使命そのものは

      自分と切り離されてもされに続いて行かなければなりません。

       

       

       

      それは恐らく現在の世界の続く限りは次の誰かが

      その使命と目的のために受け継ぎ続いて行きます。

       

       

      では、ビジネスのその後として何に目を向け

      どう行動することを間座して行けば良いのでしょうか?

       

       

      明日はその事についても考えてみましょう。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      スキルアップでビジネスチャンスを広げてみませんか!?

      0

        ビジネスチャンスはどこにでもあります。

         

        でも、

        あなたにはそれを存分に生かすことが

        できるでしょうか?

         

        それはあなた次第です。

         

        なぜなら、

        ビジネスチャンスをつかむことと

        それを受けて対応できることとは

        まったく別問題だからです。

         

         

        つまりこれはといった起業チャンスは

        仮に巡ってきたとしても自分自身に

        それを活用するだけのノウハウや

        知識、行動できる状況がないと

        見す見すあきらめざるを得ない

        という経験をすることになるからです。

         

        では、どうすべきでしょうか?

         

        様々な対策ができるのですが

        ここではそのために今すぐにでもできる

        幾つかの方法を紹介してゆきましょう。

         

         

        その一つは

         

        入手可能な求人情報に

        時間の許す限り目を通すことです。

        (詳細はこちらを参照「こちら」の部分に後日リンクを張ります。

        リンクが有効になっていましたらご覧くださいね。)

         

         

        もう一つは、

        実際に募集されている案件を調べてみることです。

         

        1番目と似ているように思えると思いますが、

        ここでは実際に仕事を依頼している企業などに

        自分を売り込めるところを活用するという方法です。

         

        これらについても後日こちらをご覧下さいとして

        詳細をご案内いたします。

        (詳細はこちらを参照「こちら」の部分に後日リンクを張ります。

        リンクが有効になっていましたらご覧くださいね。)

         

         

        これらの2つを押さえておくだけでも

        世の中にはどんな必要があるのかがよくわかります。

         

        現在就学中の方や今まさに就活中という方も

        ぜひ活用してみられるとよいでしょう。

         

        ビジネスに関する世の中の必要と

        自分を輝かせる分野を見定めるのにも

        役立たせることができます。

         

        今何となく就職して普通に生活できている方や

        就活中でありながら自分が本当はどんな仕事を

        したいと思っているのかがいまいち明確でない

        という方も参考にできます。

         

        2017年は求職者以上に求人のほうが圧倒的に

        多い状況となっています。

         

        求職者はある意味自由に仕事を選べるわけです。

         

        もちろん企業としては良い人材、有望な社員を

        求めていることは言うまでもありません。

         

         

        もちろんここで求人情報をチェックすることを

        進めている理由はこれから独立・起業を考えている方に

        おすすめしている提案なのですが、詳細を知るにあたって

        実際に利用者登録をすることが必要な場合もあります。

         

        ですが、こうすることで求められている仕事の詳細を

        さらに情報が開示されるのでその必要度を図ることが

        できるので実際にサービスを利用しない手はありません。

         

        また近年の求人募集情報(多くはインターネット環境で完結)

        は、代理店契約や業務委託案件の依頼なども

        多く掲載されるようになっています。

         

        代理店、業務委託専門の求人サイトも誕生しています。

         

        こうした求人サイト情報の中にあなたがやってみたい

        起業可能なビジネスと、ビジネスチャンスものにできる

        ひらめきを見出すことができます。

         

         

        ぜひ活用してみましょう。

         

         

        おすすめのサイトは近いうちに記事として

        ご案内しますので少しだけお待ちくださいね。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        今年も残すところ1か月となろうとしています!!

        0

          早いもので2017年もあと1ヶ月で完結いたします。

           

          日本だけでなく世界は暦の上では1年という区切りとして

          いまさらながら新しい年を迎えることになります。

           

          さて、世の中には様々なビジネスが存在します。

           

          リアルビジネスはもはや切っても切れないほどに

          ネット環境との融合などにより急速なビジネスモデルの

          変容にいやおうなく流されつづけえおります。

           

          ここ日本では、来る2020年の東京オリンピックに向けて

          これからもさらにオリンピック需要に傾いてゆくことは

          疑いようがありません。

           

          けれどもビジネスにあたっては

          そのような一過性の需要の先を

          見てゆく必要があります。

           

           

          古くから言われてきた日本の普遍的な故事の一つに

          「一年の計は元旦にあり」という言葉があります。

           

           

          今ではあまり使われなくなって来たでしょうか?

           

           

          でもやはり、昔の人は「偉い」と認めないわけには

          行かないのではないでしょうか?

           

           

          人間関係が荒(すさ)み、生きてゆくことが

          ますます難しいと感じてしまう世の中にあっても

          その日一日、その日一日と積み上げてゆくことができる

          困難を乗り越えようとする努力もその過程も決して無駄に

          終わることはありません。

           

          ビジネスの世界でも、また他のどんな物事においても

          これは心理です。

           

           

          生きることの意義を日々感じとりながら

          これから来ることになる新しい年を迎えにあたり、

          やはり次の一年後のあるべき姿をしっかりと見据え

          ておきたいものです。

           

          あと残すところ1か月となった

          残りの日々を今一度振り返りつつ

          12月は次の1年後の到達地点を

          しっかりと見定め実現するために

          今何が必要か

          そして

          その目標実現のためには

          短期的、中期的、長期的目標として

           

          何をすべきかを考える時間として

          みてはいかがでしょうか?

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          グーグルのビデオ通話アプリ「Duo」の話題を追ってみた 結論

          0

            JUGEMテーマ:つぶやき。

             

             

            グーグルのビデオ通話アプリ「Duo」の話題を追ってみた 

            その結果は

             

            これまで試したことから明らかになったことは

             

            前記事までで報告した方法で実際に使用が可能ですが、

            一旦ログアウトをしてしまうと

            その端末でもう一度使いたい場合は

            再度同じ手順で認証を行わなければなりません。

             

            それでもwifi環境での通話ができることは

            使い方によっては案外役立つかもしれません。

             

            場所はwifiがつながるところであれば

            自宅に限らず可能なはずです。

             

            そのWifi環境で「DUO」でAさんとビデオ通話をしながら

             

            携帯では大切な電話を受けることができる

            という使い方ができるかもしれません。

             

            まだまだ現役で使えるスマフォ端末を新機種に替えて

            これまで使っていた旧端末を下取りに出さなかったのであれば

            ぜひ、机の引き出しにしまったままにするなどしないで

            是非有効に活用してみるのはいかがでしょうか?

             

             

            さて、これは余談ですが、同じような方法で

            Line通話もWifi環境を活用したこみにゅケーションをとりながら

            認証後はスマフォそのものは電話の待機用として

            使えるように思われます。

             

            ただし、トーク履歴などは新たにログインで使用した端末

            でのみ閲覧できこれまでの端末では見れなくなります。

             

            ですが、再度メインの、つまり現在使用中のスマフォからログインすれば

            再度今使っているスマホ端末でトーク履歴が見れるようになりますので

            完全に履歴が失われるものではありません。

             

            他にも旧端末はキャリアとしての契約のサービスは不可能としても

            Wifi環境で受けることができるものについてはこれまでと同じように使うことができます。

             

            もちろんワンセグなどのテレビチューナのあるスマホ(今あるスマホのほとんどには初めからありますね)であれば

            Wifi環境ではなくても日本のどこででもテレビの電波を受信できる限り地域のエリア選択を切り替えることによってみることができます。

             

            手元にワンセグ対応のスマフォ(もちろんワンセグ・フルセグ対応タブレットでもOK)があるならそれは即ワンセグカーテレビの代用としても使うことができます。

             

             

            旧端末を有効に活用できそうなほかにも良い情報を見つけることができましたらまた投稿してみたいと思います。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            | 1/90PAGES | >>