一押しおすすめ記事 

     安藤冬美さん流自分ブランドを生きる         




Google Login(My Account login) YouTubeで動画をチェック!
忍者ツールズログイン

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

月額290円〜の高速サーバー Z.com

withコロナ時代のリモートワークツール

0

    新型コロナウィルスによってもたらされた世界的なビジネス界の影響も止まりません。

     

    それでも元気に営業を行い元気に活動している企業はどんな対策をとっているのでしょうか?

     

    気になりませんか。

     

     

    新型コロナの世界的な大流行で世界も日本国内も影響を受けていない企業は皆無と言わざるを得ません。

     

    それでも積極的に営業活動を行ったり業務を忙しくしている企業があるのはいったいどのような違いがあるのでしょうか。

     

     

    明らかにはっきりしていることは、IT関連企業の打撃は業務のやり方を変更する必要に迫られてはいるものの引き続き活発に事業を継続していることです。

     

    従来の対面での営業活動という面では等しく影響を受けていてももともとネット環境でのインフラを生かした業務をしていたことが、新型コロナの影響下でもそれほど打撃を受けることなく活動を継続できている理由となっています。

     

    とりわけ、withコロナ時代は今後変わらず続いてゆくと予測されることを考えるなら、ビジネスツールとして絶対に必須のものがリモートワークツールんあります。

     

    呼び方は様々にありますが、一般的に用いられているリモートワークツールのタイプとしてはオンライン営業ツール、オンライン会議ツール、オンライン会議ツール、オンラインコミニュケーションツールなどと呼ばれています。

     

    これらの関連サービスを提供する企業はそれぞれ独自のブランド名をつけて提供しています。

     

    機能を限定した無料で使用できるサービスからビジネスでの多用途やセキュリティーを強化したツールなど様々な独自のツール開発が行われています。

     

    自社にとってどのオンラインツールが適切かを調査知る必要がありますが、コストパフォーマンスの良いツール選びはビジネス用途としてはやはり手羽けないところでしょう。

     

    公園ではなく、自宅の庭を整備するのに大型重機はかえって邪魔になるのと同様、高機能でセキュリティー面でも安心できるツールであっても年間のサービス利用のコストが100万を超えてしまうようなツールだと本当に導入するメリットがあるのかと考えてしまうかもしれません。

     

    もちろんツール提供企業はいくつかのプランを提示しているのでプランごとに自社に最も適切なプランを選べば問題がないようにも思えますが、どうせ導入するなら同じコストで比較するならより高機能でセキュリティーにも強いツールを選びたいというのも当然でしょう。

     

    弊社でも様々なツールを調査してみましたが、その中で独自のセキュリティー対策を採用した使い勝手の良いオンラインツールとして注目しているツールを試してみることができました。

     

    オンラインコミニュケーションツールとしてこれ一つでオンライン社内会議、オンライン商談、オンライン面接などン使えてより分けオンライン商談では法的に有効な電子契約まで結ぶことができる中小企業向けオンラインツールが今注目を集めています。

     

    中小企業向けオンライン営業ツールかこちらでチェック!

    無料でも申し込みも受け付け中!とのこと

     

     

    もちろんすでに何年も利用されてきたツールですが、この新型コロナ時代に入ってさらに多くの機能が追加されています。

     

    機能追加には開発側の多くの仕事が求められるのですが、開発会社では今のところ使用料金の値上げや追加請求はしないとアナウンスしています。

     

    もちろん機能アップ(バージョンアップ)しながら価格据え置きは、使う側にとってはうれしいことですが、実際のところはいつまで無償での機能追加が提供できるかは不明とのこと。

     

    導入コストを考えると現在のところ中小企業の皆様に最も向いたビジネス向けオンラインツールが子の一押しツールになります。

     

     

    オンラインツールは新型コロナウィルスの世界的な大流行と共に急速に普及していますが必ずしも運用コストが安いというわけではないので導入の際のツール選択は間違えたくないものです。

     

    その意味でももし御社がいくつかのリモートワークツールを検討されている中で今回このブログで紹介しているツールを見落とされているなら是非チェックしてみてください。

     

    そのうえで必要ンシステムをできるだけ早く活用で知るようにいたしましょう!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.02 Friday
      • -
      • 20:31
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク